×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドラゴンフルーツ 育て方・栽培【発芽するまで】

ドラゴンフルーツを購入したり、貰ったりしたら、食べるだけではなく種を取り出して栽培する事を考えている人もいると思います。
このようにドラゴンフルーツを栽培、育て方ですが、ここでは、ドラゴンフルーツから種を取り出して育てはじめるまでを紹介しておきたいと思います。
まずは、ドラゴンフルーツの種ですが、これは、ドラゴンフルーツを切った時に、実の中にある黒い粒粒です。
ドラゴンフルーツの種は、キュウイと同じような種になっています。
ドラゴンフルーツを栽培、育て方は、まずは、この黒い種を取り出します。
このドラゴンフルーツの種を植木ばちに植える方法と水を含ませたティシュなどの上に置いておくという方法を取ります。
この状態で、1週間〜2週間程度、置いておくと発芽してきます。
ティシュを使って発芽させた場合には、発芽したら植木ばちに植えるようにしましょう。
植木ばちは、小さな物を選ぶようにしましょう。
種からは面倒と思う人は、造園店などで苗木を買うと良いでしょう。

スポンサードリンク

ドラゴンフルーツの通販サイト
通信販売でドラゴンフルーツを購入して家で美味しく食べる!

【感想あり】 ドラゴンフルーツの通販サイト一覧
通販サイトでドラゴンフルーツを購入した人の感想が多い順番に紹介

ドラゴンフルーツのアイテム一覧
「ミニドラゴンフルーツ苗」、「図鑑」、「時計」など、ドラゴンフルーツに関連するアイテムを集めてみました!

ドラゴンフルーツ関連商品一覧 【安い順】
安い順番で、ドラゴンフルーツに関する商品を多く取り扱っています。

スポンサードリンク

ドラゴンフルーツ関連商品一覧 【安い順】
安い順番で、ドラゴンフルーツに関する商品を多く取り扱っています。

【感想あり】 ドラゴンフルーツの通販サイト一覧
通販サイトでドラゴンフルーツを購入した人の感想が多い順番に紹介

ドラゴンフルーツの通販サイト
通信販売でドラゴンフルーツを購入して家で美味しく食べる!

ドラゴンフルーツのアイテム一覧
「ミニドラゴンフルーツ苗」、「図鑑」、「時計」など、ドラゴンフルーツに関連するアイテムを集めてみました!

ドラゴンフルーツ 育て方・栽培【実がなるまで】

ドラゴンフルーツ栽培、育て方として、ここでは、もう少し細かい点を見ていきたいと思います。
ドラゴンフルーツは、サボテン科の植物ですので、基本的には、あまり土質については気にしないで良いのですが、園芸店やホームセンターでサボテン用の土があればサボテン用の土を利用すると良いでしょう。ただし水はけと日当りが良い場所が必要です。
育ってきたら支柱を立てます。
肥料は、新芽が出てから1〜2ヶ月の割合で鶏糞、油粕、リン、カリなどの肥料をあげ、水は、2〜3日でOKです。
重要なのが害虫をこまめに取る事です。
新芽は上に誘導して、1.5mぐらいまできたら枝は下に1m下げたら摘心します。
また、毎年、4月、5月に出た新芽をすべて摘むとつぼみが出ますので、その後、2〜3週間で花が開花します。
花が散ってから2ヶ月程度で、実が完熟します。
実が完熟したかどうかの見極め方は、実の耳が薄くなってきて先端の口のまわりにシワが出てくるというのが見極め方です。
これが、ドラゴンフルーツの育て方・栽培の仕方になりますので、参考にして、ドラゴンフルーツ栽培してみるといいでしょう。

ドラゴンフルーツ 育て方・栽培【注意点】

ドラゴンフルーツ 育て方・栽培についての注意点を紹介しておきたいと思います。
ドラゴンフルーツ 育て方・栽培での注意点とは、
 ・寒さを避ける
 ・害虫をこまめに取り除く
 ・水は、土が乾いたらあげる
 ・土は特に何でも良いようですが排水がいいものにする
 ・日光に当てた方が良い
 ・植木ばちは、根腐れを防ぐ為に成長に合わせたサイズにこまめに植え替える
などになります。
寒さを避けるのは、ドラゴンフルーツは、元々、南国の植物で、さらにサボテン科ですので、あまりにも寒いとよくないです。ただし、ドラゴンフルーツは、強い植物なので、冬などで寒いところで育てている場合には、冬場は室内で育てるようにすると良いでしょう。
特に注意する必要があるのは、カタツムリ、アリ、毛虫などの害虫です。
害虫が付いている場合には、こまめに取り除かないとドラゴンフルーツが弱りますので注意しましょう。
これが、ドラゴンフルーツ 育て方・栽培の注意点になります。

スポンサードリンク

ドラゴンフルーツ関連商品一覧 【安い順】
安い順番で、ドラゴンフルーツに関する商品を多く取り扱っています。

Copyright © 2007 ドラゴンフルーツ 育て方・栽培